天辺の神社

852 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/04 00:49 ID:48y/hyKj
学生時代の話。
大学の近くの住宅地の中に小高い山があってその天辺に神社がある。
学生の間では有名な心霊スポットで、そこで子供が死んだとか、学生が自殺したとか、
いろいろ噂が広がっていた。
夏休みを目前にしたある日、同級生が肝試しに行こうと言い出した。
後輩に、霊感があるという奴がいて、普段から部屋で香を焚いていたりする男なのだが、
そいつと、もう一人暇そうな後輩を連れて行くことにした。
男4人の肝試しだった。

車で神社のある山の麓まで行ったのだが、住宅地なのに周囲に街灯がなく、
そうでなくても薄気味悪いのに一層不気味だった。
私は相当な怖がりで、何で付いてきたのだろうかと、後悔していた。
肝試しの発起人兼運転手が、怖いなら残ってるか、というのだが、
一人残されてもそっちのほうが怖いので、一緒に行くことにした。

続く

木の裏側

173 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/05/16 19:04 ID:bndWa/9r

木の裏側」

私が学生の時、新聞配達のバイトをしていた時の出来事です。

当時配達を始めたばかりの私は先輩について順路を覚えるのが主な仕事で、
バイクに乗って200軒程廻るのですが、その内の1軒に古い神社がありました。
その神社は相当古いらしく、建物自体はぼろぼろでその上そこへ覆い被さるように
大人が4〜5人手を回しても届かない程太い幹の大木がうっそうと繁っていました。
正確には神社の脇にある住職さんのお宅へ届けるのですが、私は不気味な雰囲気の
あるその神社がとても嫌いでした。

おあし

887 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:03/11/20 23:00
「おあし」という神様の話。

父が若いころ、家に親戚のお嬢さんを預かっていたらしい。
お嬢さんはまだ高校生で、家庭の事情でしばらく父の家から学校に通っていた。
父の実家は当時商売をやっていたので、若い男が何人か住み込んでおり、そのうちの
一人とお嬢さんは、なんかいい感じになってきていたらしい。

ある日、お嬢さんと、その若い人が一緒にコタツに入っていた。
が、しばらくして、男は真っ青になって上に上がっていったと思ったら、従業員用になってた
部屋からすごい悲鳴が聞こえた。
普段おとなしい男なのに、何事かと思った祖父をはじめとした父の家族はあわてて
二階に行ってみると、男が泡を吹いていた。完全に白目をむいていて、死んでいるのかと思い
父は相当びびったそうだ。
続く



2ch怖い話・都市伝説まとめ局 | Page Top↑