新居の記憶〜百万人の恐い話

美容師の男性が家で寝ていたら、途中で金縛りに遭い…。

新居の記憶〜百万人の恐い話


危なかったな

450 名前: ホテルマンです。 04/02/28 08:47

皆様おはようございます。
このお話はM添乗員さんから聞いたお話です。
大O県 O府での出来事です。
Mさんはチェックインを済ませ頂いたお部屋に入り、宴会も19時からと思い軽くシャワーを浴びた。
そして、髪を乾かしていると鏡に窓が映っていた。
Mさんは、ふと、その鏡に映った窓を見ると下の方に手が見えた。
そして、後ろを振り向くと窓には手は無かった。
しかし、Mさんは違和感を覚えた。
それは、鏡にはどう考えても窓は映らないはず・・・
鏡を見たが窓は映ってない。
Mさんは、連添で疲れているんだと思いさっさと髪を乾かし、早めではあったが宴会場にいった。
宴会も終わり部屋に戻った。
明日も早いので寝ることにした。
しばらくして、風で目を覚ました。
Mさんは、おかしいな窓開けたかなと思いつつベッドから起きあがった。
ふと、鏡に目がいった。Mさんは、自分の目を疑った。
その鏡には、窓が映っている。絶対写るはずもない鏡が・・・
さらに、窓からはい上がって来る女性が窓から入ってこようとしていた。
Mさんは、恐怖のあまり声が出ず体も思うように動けなかった。
その瞬間電話が鳴った。Mさんは電話の方へ目をやり、鏡の方へ目を戻した。
鏡は何も無かったように普通に戻っていた。
Mさんは夢かと思い電話を取った。
”もしもし・・・”、”危なかったな”と男の声がして電話が切れた。
Mさんはまた恐怖が湧いてきた。
部屋の電気を全てつけ、テレビもつけて窓を閉めようと窓に手をかけた瞬間・・・
あの女性がMさんに抱きついてきてMさんはそこから記憶がないと・・・
Mさんは窓から落ちていた。幸い3階だったため足の骨とろっ骨を3本折っただけでった。
噂によると、このホテルに泊まっていた新婚さんが1204号室の窓際で景色を見ていて
手すりがもろくなっていて女性だけが落ちて即死したそうです。
そして、男性は”おう、危なかったな”と言ったそうです。
Mさんが泊まったお部屋は304号室だったそうです。


<感想>

飛び降り自殺した男の悪霊なんでしょうね。

扉の内側〜百万人の恐い話

作家の小池壮彦さんが、深夜三時の事務所で体験した出来事です。

扉の内側〜百万人の恐い話

蔵に居るモノ

246 名前: マッケンロー 04/02/27 06:07

うちは一階建ての、かなり年季の入ってる家なんだけど、庭とかには祖父の趣味の錦鯉なんか飼ってる。
ちょっとした旅館みたいな感じなんだ。
倉もあるんで、小さい頃は友達や姉とかくれんぼして遊んだよ。
多分、刀も沢山あるし鎧とか、お宝鑑定の番組にだしたいくらい。
今は、まったく俺は近寄らない。なぜかというと・・
俺が小学五年の時の話、その当時、俺は倉の中に懐中電灯や毛布等を隠しており、映画の「ネバーエンディングストーリー」の真似をして、漫画を読んで菓子を食っていた。


稲川淳二 旧校舎

立ち入り禁止の旧校舎に、投げたボールを取りに行ったところ…。

稲川淳二 旧校舎

山の蕎麦屋

405 1/2 New! 2012/04/29(日) 23:20:53.69 ID:6/j98pM/0
俺がこの前九州に出張した時の話。

仕事で九州に出張に行き、そのまま帰るのも面白くないと思い、近くの山で
ハイキングでもしていこうと考え、九州の名前も知らない山に登山の準備をして登った。
山頂まで到達し、帰路を歩いていると、さっき歩いてきた所と似た景色が見えてきた。
まぁ、この時点で薄々迷ったとは思ったが、ネガティブ思考も良くないと思い、そのまま進む。
またさっきと同じ光景。完全に迷った。どうしよう…弁当もさっき食べつくし、食料は無い。
このまま帰れないのか、と思いつつ歩いていると、目の前を小さな狸が歩いて行った。
俺はなぜか、その狸について行った。今でもなんでかは解からない。
でも、ついて行かなかったらどうなってたか解からない。狸についていき、
狸が止まった場所に、蕎麦屋があった。なんでこんなところに蕎麦屋が?今思うと不思議だが、
だが当時の俺は飯が食える、という思いと、人に会える!という期待で頭が回らなかった。

稲川淳二 病院の中の男

稲川さんが番組の撮影で病院に行ったところ…。

病院の中の男


頭巾の親子

894 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/12/21 17:40
幼稚園児だった私は遠足のバスに乗っていた。
バスが赤信号で停車すると、車内は急に静かになって
隣の席も後ろの席も皆一様に眠ってしまっているよう。
赤信号はいつになっても青にならず、車内は静寂に包まれていた。

窓際に座っていた私が不図外を見ると、横断歩道の手前(歩行者用信号機の下)に
おかしな格好をした親子がたたずんでいた。青信号なのに渡らない母と娘が。

頭には頭巾をかぶり、格好全体はどこか古臭い印象。
うつむいた顔は頭巾に隠れてよく見えないが、赤く染まっているように見えた。
母と娘は手をつなぎずっとそこにたたずんでいる。

急に車内に音が戻る。騒ぐ声、バスのエンジン音、交差点を過ぎるときに
もう一度振り返ってみたけれど親子の姿はもう見えなかった。

つづく

山口敏太郎の怪異証言 エレベーター

とあるスタジオのエレベーターに深夜2時ごろに乗ったところ…。

山口敏太郎の怪異証言 エレベーター



猫好きのお姉さん

82 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/12/08 00:20
この板の皆様から見れば些細な話だとは思うのですが、小さい頃の思い出を書き込ませていただきます。

小さい頃、たまに遊びに行く公園に髪の毛の長いお姉さんが居ました。
子供心に変な雰囲気を持っていたお姉さんだった事を覚えている。

初めて会ったときからやたら気に入られて可愛がられていた。
最初は「名前なんていうの?」とか「どこに住んでるの?」
などたわいも無い話をしながら遊び相手になってもらっていた。

お姉さんは猫が好きらしくて、よく公園に集まる野良猫に餌を
あげていました。

私はお姉さんと良く会うK公園よりも、少しはなれた所のT公園
の方が好きだったので何日かK公園に行かなかった日もあった。
久しぶりにK公園に行くといつも座っているベンチにお姉さんは
いて、ネコに餌をあげていました。

お姉さんに声をかけると「Yちゃん!なんでここに来なかったの!?」
「ここにきておねえちゃんと遊ばなきゃいけないのよ!?」
と大声を出され、ビックリして怖くなった私はそれからはK公園に行く
ことは少なくなりました。

しばらくして久しぶりにK公園に行くとやっぱりそこにはお姉さんがいました。
今日は友達たくさんと来たし、お姉さんと遊ばなくていいや、と
お姉さんを無視して遊んでいると、いつの間にか私の傍に来て
「Yちゃん、お姉さんのうちに遊びに来ない?」と声をかけてきました。
「知らない人についてっちゃいけないんだもん」と言うとお姉さんは
笑って「お姉ちゃんは知らない人じゃ無いでしょ?それにお姉ちゃんの
家はそこのアパートなのよ」と公園の隣のアパートを指差しました。
そこで安心してしまった私は「じゃあ、行く」とお姉さんと公園を出て
アパートに向いました。



2ch怖い話・都市伝説まとめ局 | 次ページ Page Top↑