173 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/05/16 19:04 ID:bndWa/9r

木の裏側」

私が学生の時、新聞配達のバイトをしていた時の出来事です。

当時配達を始めたばかりの私は先輩について順路を覚えるのが主な仕事で、
バイクに乗って200軒程廻るのですが、その内の1軒に古い神社がありました。
その神社は相当古いらしく、建物自体はぼろぼろでその上そこへ覆い被さるように
大人が4〜5人手を回しても届かない程太い幹の大木がうっそうと繁っていました。
正確には神社の脇にある住職さんのお宅へ届けるのですが、私は不気味な雰囲気の
あるその神社がとても嫌いでした。

渡辺裕薫(シンプレ)恐怖体験談 〜其の壱〜  |  怪談新耳袋 第40話 「青いレインコート」